<芳村思風 感性論哲学ホームページ>
芳村思風・感性論哲学の世界
「この命、何のために使うか」
感性論哲学は、40数年前に哲学者・芳村思風が確立した
「感性」を原理とする
独創的な哲学です。

思風塾は、感性論哲学を学び、仕事や生活に活かすための
全国の勉強会です。
ぜひライブで講演を聞いてみてください。
 
   

芳村思風 講和集 詳細  2021年 5月発売

 
<講和集 全6冊 + 動画224時間(USB)>
 
企業での20年分 224時間(1回 約3時間)の録画です。

2001年から、年4回・全社員対象の社内研修74講座をUSBに収めています。

 A4版で6冊の講和集がセットになっています

  
 
 USB+講和集 6冊

 価格:110,000円(税込)

 ※詳細はこちら
 

卓上型日めくりカレンダー 

    
  
今回は、卓上型の日めくりカレンダーです
1,500円+税 +送料
 
 
※お申込は、お問合せ画面から、
お名前・送り先のご住所・お電話番号
を ご記入の上、
書籍名と冊数をお知らせください
 
 感性経営の5原則から10原則へ

 感性経営の5原則が、10原則に変わりました。

感性論哲学は、開放系の哲学です。完成されてはいません。
違う考え方の中で、よりよいものがあれば、
そのいいところを取り入れて、

 さらに考え方を発展成長させます。

※開放系の哲学とは
感性論哲学は、感性を人間の本質、
宇宙の本質としてとらえた哲学です。
不完全な人間が考えたものであるので、
完ぺきではありません。

理性が人間の本質とされてきた近代も
終わりに近づき、発展成長してきたものの、
理性偏重による自然破壊、環境破壊、
人間性の破壊が問題となっています。

感性論哲学も、感性を重視した偏見です。

偏見は、間違っているということではなく、
偏った見方ということ。
 

欧米・西洋の時代から、
東洋の時代へ移ろうとしています。
理性の時代から、
感性の時代へ変わろうとしています。
感性論哲学は、これから数百年間、
必要な考え方なのです。

これまでの哲学と違うところは、
考え方や解釈の違うものを否定しない。


そのいいところを取り入れて、
進化発展させるという哲学なのです。
時代が進めば、感性論哲学も古くなり、
新しい哲学がまた必要となるのです

 
思風会について

思風会は、
全人類の人間性の進化と
意志と愛にあふれる
平和な人類社会の
創造のために

生まれた感性論哲学を広く、
そして永く普及させるために発足しました。

具体的には、感性論哲学を普及している
“思風塾”のない地域での講演活動や、感性論哲学の

書籍やCD・DVD制作などの活動、
そして会員相互の人間関係を深める
全国大会の運営などを行ってまいります。

 
この会は、主旨をご理解頂いた思風会会員から
年会費 2千円をご協力頂き運営して
います。

ぜひ多くの方々にご賛同いただきご入会頂きたいと存じます。

合わせて、お知り合いの方々をご紹介頂けましたら幸いです

    書籍の包装紙です

風のことば」
「日めくりカレンダー」

ご注文いただいた書籍は、
芳村思風先生のことばを書いた
1冊1冊、すべて包装して
お届けします。

 
 
 

<おすすめの本>

 
 

思風先生の本ではありませんが、

おすすめの1冊です

    
   
 
@1,540円
 
 
 
 


  
 芳村思風
感性論哲学創始者

思風庵哲学研究所
(思風会 事務局)
 
335-0004 
蕨市中央1-35-6-404
福島康司

 
 思風会と思風塾
 

思風会とは、感性論哲学を学ひ広げていくための会です。
<個人会員募集中>


思風塾は、感性論哲学を学ぶ会です。
全国各地で開催されています。